So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄県民の声より [雑感]

2017 06 04 001.jpg

 中国が、南シナ海を支配し、台湾を支配下に置き、尖閣諸島を日本から奪い取ろうとしているのは紛れもない事実だと思います。それに対して、自国の領土を守るという主権国家として当然のことを危うくしているのが日本国憲法第9条です。「戦力不保持」と「交戦権否認」がある限り、中国が武力侵略を実行した場合、日本は尖閣諸島を自力では守れません。日米安保があるから大丈夫だという考えの人がいるかもしれません。でも、実際に中国の人民解放軍が武装して尖閣諸島に上陸したら、米軍が中国の人民解放軍を尖閣諸島から追い払ってくれるという保証はありません。第二次世界大戦後、核兵器保有国同士が直接戦った事例はないと思います。もし、中国が尖閣諸島に武力侵略を行なった場合に、米軍が第三次世界大戦に発展する危険を冒して尖閣諸島を守ってくれるとは考え難いのです。

 自分の国の領土は自分で守る。それは、国の大小に拘わらず当然のことだと思います。日本国憲法第9条は、その当たり前の事を禁じた欠陥憲法であることを、日本国民は真摯に受け止めて、憲法改正議論をする時期ではないかと私は思います。


(by 心如)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。