So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

宇宙で発電し地上に送電!? [雑感]

──────
http://www.asahi.com/articles/ASH2M5CQGH2MULBJ005.html
宇宙で発電し地上に送電、実証試験へ JAXAなど
2015年2月21日05時12分

宇宙で発電し地上に送電.jpg

 宇宙空間で太陽光発電をして地上に送電するシステムの実現に向け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは3月1日、兵庫県内で行う、無線で送受電する実証試験を報道関係者向けに公開する。屋外に設置した送電側のアンテナから受電側のアンテナに向けてマイクロ波を送る。
 JAXAは2009年度から宇宙システム開発利用推進機構と協力し、送電側アンテナの向きがずれても正確にマイクロ波が送れる技術などを開発している。送電装置から約55メートル離れた場所に受電装置を設置。送電側から約1800ワットのマイクロ波を発射し、受電側で電気に変換する屋外試験をする。マイクロ波を正確に受け取れれば、数百ワットの電気を取り出せる。
 宇宙太陽光発電システムは、天候に左右されずに発電できる。地上約3万6千キロに直径2~3キロにわたって太陽電池パネルを広げ、原発1基分にあたる100万キロワットの電気を作ることができるとされる。30~40年代の実用化をめざし開発を進めているが、送受電技術のほか、太陽電池パネルの宇宙への輸送や組み立てなど課題も多い。
(小池竜太)
──────

 SFの世界では、静止衛星軌道上に巨大な太陽電池パネルを設置し、宇宙で発電した電気を地上に送って使うという話はお馴染みです。

 太陽放射は地表に半分くらいしか届きません。宇宙空間であれば、地上の二倍の太陽放射を天候の影響なしに受け取ることが可能です。地上が夜の部分に入っても、宇宙区間であれば、太陽光発電パネルの向きを適切に調整すれば24時間の発電も可能かも知れません。発電のことだけを考えたら、宇宙空間で発電するのは良いことだと言えます。
 しかし、問題はそのような巨大な装置を静止衛星軌道にどうやって打ち上げるのか。また、宇宙で発電した電気をどうやって地上に運ぶのかが問題だと思います。

 直径2~3㎞の太陽光発電パネルを静止衛星軌道上に設置するのは簡単にできることではありません。さらに、その巨大な太陽光パネルを常時太陽に向けるように制御するのも大変だと思います。さらに、地上約3万6千㎞から発射した強いマイクロ波を正確に受け取る方法があるのかどうか… もし、そのマイクロ波が人の住む街などに照射されたらどんな悲惨な事故になるのか。
 SFの世界ではお馴染みの宇宙で発電し地上に送電する話ですが、実現するには解決しないといけない問題が沢山あります。莫大な費用を使って研究する人はおもしろいかも知れませんが、一歩間違えば大惨事を招く危険な物だという認識があるのだろうか。、、

(by 心如)
 

続きを読む


タグ:発電

なぜ説明会を開かないのか [雑感]


高浜原発 説明会はしないのか.jpg

 記事に、~~立地自治体の福井県高浜町が、審査結果の住民説明会を開かず、代わりに「解説ビデオ」の制作を規制委に依頼したことが4日、わかった。規制委は制作に応じる意向で、町は完成した映像をケーブルテレビで放映する予定。~~と、書かれています。

 ケーブルテレビで映像を流しても、それをどれだけの住民が観るのだろうか。

 また、説明会であれば疑問点についてその場で質問できます。

 ケーブルテレビでは質問ができないが…

 住民説明会を開くと都合の悪いことが何かあるのだろうか。、、

(by 心如)
 


タグ:原発

邪馬台国は大和だと思うが。、、 [雑感]

邪馬台国は福岡県にあった.JPG
 普通に考えると、邪馬台は大和の当て字だと思います。

──────
やまとせいけん【大和政権】
 4世紀から7世紀半ば頃までの、大和(奈良県)を中心とする畿内政治勢力の連合体。従来〈大和朝廷〉といったが、まだ統一国家の政府を意味する朝廷の成立はなかったと考えられることから、最近では大和政権または大和王権とよんでいる(但し、ヤマトを大和と表記するのは奈良時代以降)。
 奈良盆地東南部、三輪山麓に前期の前方後円墳が存在、3世紀後半から4世紀初めには、周辺にすでに王権が成立していたといわれている。4世紀半ばには西日本の小国を服属させ、朝鮮半島南部に進出、北朝鮮の高句麗と戦ったというが、これには異論も多い。5世紀に倭の五王が中国南朝の宋に遣使、倭王武(雄略天皇)にあたるとみられる5世紀後半の獲加多支鹵(わかたける)大王のときには、九州から関東地方までを勢力下に置き、王朝として充実する。この頃には大陸から大量の鉄製農具や武具、高度に発達した技術や文化を輸入、軍事力・経済力を飛躍的に高めた。6世紀前半に大王の王位継承をめぐる畿内豪族の内紛があり、不安定さろ露呈するが、氏姓制度や部民制を整備して、大王を頂点とする身分秩序・徴税体系を整え、国造制によって地方組織の支配を強化。6世紀末からは政権とよぶにふさわしい内容を整え、次の律令制的中央集権国家へと移行する。
──────

 2世紀から3世紀にかけての邪馬台国は、大和政権の前身であり、畿内の大和地方にあったと考えるのが妥当だと私は思います。

 福岡県にあったというほうがおもしろいとか、夢があるというのはそうかもしれませんが、邪馬台国は大和政権の前身だとすれば、邪馬台は大和の当て字だと思います。

(by 心如)
 

続きを読む


そうは言っても。、、 [雑感]

戦争を始める方法.jpg
「国民は戦争を望まない。
 しかし決めるのは指導者で、国民を引きずり込むのは実に簡単だ。
 外国に攻撃されつつあると言えばよい。
 それでも戦争に反対する者を、愛国心がないと批判すればいい」
──────

 いま現在の日本に起きていることは、これとよく似ているような…

 国際社会と連携してテロと戦うというが、日本の参戦を国際社会は本当に望んでいるのだろうか。

 エネルギー自給率4パーセントで、食糧自給率40パーセントの日本が、戦争なんてしたらどういう結果になるかは、火を見るより明らかだと思う。

 世界平和に積極的に貢献すると言いつつ、火に油を注ぐバカに何を言っても無駄かも知れませんが。、、

──────
編集手帳 2015 02 12.JPG
「努力が実らぬ時もあれば、偶然が幸運を運んでくれる時もある。
 逆風を感じたら肩の力を抜いてみよう。
 就職は出発点に過ぎない。
 肝心なのは、その後の生き方だ」
──────

 いま現在の日本は、若者を使い捨てる会社が多いと聞きます。

 就職出来たとしても、生き残ることが容易でないのは、そのとおりかも知れません。

 でも、就職ができず、その出発点にすら立てない者の気持ちは、大手新聞社に勤めていたらわからないと思うが。、、

(by 心如)
 

続きを読む


名言、明言、迷言。、、 [雑感]

──────
 《某有名大学で図書館の壁に書かれている言葉》(学習塾の折込チラシより)

(1)今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。
(2)あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。
(3)物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間。
(4)今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。
(5)勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。
(6)勉強するのに足りないものは時間ではない。努力だ。
(7)幸福には順位はないが、成功には順位がある。
(8)学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。
(9)苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。
(10)人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。
(11)怠惰な人が成功する事は決してない。真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力を備えた者である。
(12)時間は、一瞬で過ぎていく。
(13)今の涎は将来の涙となる。
(14)犬のように学び、紳士の様に遊べ。
(15)今日歩くのを止めれば、明日からは走るしかない。
(16)一番現実的な人は、自分の未来に投資する。
(17)教育の優劣が収入の優劣。
(18)過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。
(19)今この瞬間も相手は読書して力を身につけている。
(20)苦しんでこそはじめて進める。
──────

続きを読む


前の5件 | -